いてやぎ座

やりたいことを実現したいです

VLOOKUPを使えない私はExcel初心者

ExcelGoogle スプレッドシートをサクサク使いこなしてみたい、ニャーです。

 

こちらの記事がとても心に響いたので、備忘録的にメモメモ。

 

honeshabri.hatenablog.com

 

Excel初心者は『高機能電卓使い(単一の引数しか使えない)』

 

Excel中級者は『データ使い(複数の引数を操る)』

 

・複数の引数を操るにはVLOOKUPが必須(?)

 

ちなみに引数は「ひきすう」と読み「プログラムや関数に渡す値のこと」を指すそうです。へー、なるほど。

 

wa3.i-3-i.info

 

本文に戻ります。

複数の引数を操ることにより

 

そして何より、関数を使うことで仕事がグッと楽になることを知っているのだ。

 

とのことです。

 

そうだと思います。納得。

1つのシートの中に、知りたい情報が詰まっていたら、相当効率的です。すげー。

 

そして《神エクセル》のことも記載されていまして…

 

 全体像は分かるようになった。しかし印刷物だけならまだしも、元データからこのようなデザインになっていたら非常に困る。セルの結合がされているために、データの再利用性が低いからだ。きっと思い当たる節がある人も多いだろう。

 

 ハイハーイ、それ私です。

見栄えを良くするために結合とかしちゃいけないのですね…

 

殺されたくないから、今後、見やすさを追求したい場合は、印刷用のインポートシート作ってみようと思いました。

 

 

最後に自分の最重要課題は以下に集約されていると感じました。

 

VLOOKUPを使うようなると人は意識が変化し、より先のことを考えるようになるのだ。

 

何のデータが欲しいのか、楽になるのか、素敵なのか…

先に分かっていないといけません。

 

私の様に、常に行き当たりばったりでExcelを使っていては、到底VLOOKUPの価値に気が付けないのであろう。

 

この記事のお陰で『この先に必要な情報を常に意識する』事ができました。ありがとうございます。

 

まずはVLOOKUPをサクッと使えるようにせなば、ですな。

 

- - - - - - - - - - - - - - 

 

昔読んだ佐藤雅彦さんの「プッチンプリンの法則」を思い出しました。

 

プチ哲学 (中公文庫) | 佐藤 雅彦 |本 | 通販 | Amazon

 

プッチンプリンのカラメル
先にカラメルが入れておいて、逆さにするから
カラメルがプリンの頭に来る。

こんな風に、最終結果をハッキリとイメージできれば
そこから逆算して、今何をすべきかが
おのずとわかってくる・・・と。
これが「プッチンプリンの法則」

 

さすがです!